今の時代は共働きでないと苦しいと実感して思う事

子供を産んで感じたことがあります。それは、家にいても仕事がしたいということです。産休で休んでいるわたしですが産休中は給料が半分ほどになってしまいます。今の時代、旦那の給料だけでやっていける人は一握りだと思います。もちろんわたしはその一握りなわけがないので、働かないといけません。子供はどんどんお金がかかるのに、お金はどんどん減っていきます。子供が生まれて、一日中一緒にいれることは幸せなことですがやはり早く仕事復帰をしたいです。もしくは、家でできるなにか仕事をしたいなと思いました。きっとこう思っている女性は、たくさんいると思います。子育てもして家事もして仕事もしたいなんて欲張りすぎかもしれませんが、お金がかかるこの時代。やはり休んでなんかはいられません。もちろん、旦那の稼ぎだけで生活できるにこしたことはないのですが、そうさせてくれないのが今の日本なのでできるだけ早く仕事復帰を望みます。でもそのためには、保育所を探したりしなければならないので問題は山積みです。海宝の力 解約

こどもにスマホでなくパソコンを持たせたい2つの魅力

デジタルの時代になり、お子さんも持ち運びやスマホ、端末を持つのが主流となっています。しかし全てを買い与えてしまっては、素材も子どももありません。ちなみにお子さんに授けるならスマホでなく、圧倒的に端末がおすすめです。今日はこういう理由を2つ掲載いたします。

�@スマホは「支払」の手法
スマホはSNSが使えたり、者との交流に助かるなど、いわゆる支払をもとに作られたものです。アプリケーションによっては課金制でお金がかかってしまうことも。スマホを最初に与えてしまうと、消費する趣旨だけを得るお子さんになる。

�A端末は「処理」をすることも
逆に端末ではwebで物を販売したり、形やWEBを作ったりして、何かしら処理的ことをすることも可能です。そのため早めに端末を授けるため、欠けるため気づかなかった処理働きをすることができます。インターネットブログを書いて、本人指したり、誰かに気付きを届けるのもその一例ですね。

以上2つの理由から、お子さんにはスマホでなく端末を贈るのがおすすめです。