大好きな音楽に触れていられるほっこりな時間

今は、子供が少し手が離れたので、エレクトーンとピアノをたくさん弾いて楽しんでいます。
私は、音楽が大好きで小さい頃からエレクトーンを習っていました。小さい頃はピアノにも憧れましたが、エレクトーンの魅力の方が勝っていました。時々は、弾いていました。
中学生になると吹奏楽部に入り、ますます音楽が好きになり、一生懸命に取り組み、高校生になっても、また吹奏楽部に入って高校生活を楽しみました。その時は、トランペットなど金管楽器と呼ばれるものをしていました。
エレクトーンとは、もちろん、社会人になっても続けていて、結婚を機にやめることにしたくらいです。
最近また弾ける機会が増えたので、その頃一緒に習っていた親友と再び同じ先生のところでレッスンをして、発表会にも出で楽しんでいます。
親友と会う機会も増え、話をしながらいろいろな曲の事を考えたりして、癒されています。弾くことによって、頭の体操にもなりますし、もちろん心の癒しにもなって、とても幸せな時間を過ごせています。

ジャンボモールがあることで表通りおこし

とある港町に行ったときのことです。車でついに出向く部位だったのですが、全くたくさんの自宅が建っていました。しかもここ数年に建ったであろう目新しい自宅や一軒家ばかりだ。何かあったのかなあ、と思いながら車を走らせて行くとその背景が判明しました。心から大きなイオンモールが建てられていたのです。その周囲にも全国にいらっしゃるスパイラル職場の食堂やウエア品職場があって、ここだけ見れば何ら地区だとは思えないほどでした。
どうも街角おこしという結果、実に今日力を入れているらしいです。港からフェリーが出入りしているのでツーリストも腹一杯来るでしょうし、港で動く方も世間まで行かずにここでウィークリーアパートを借りて泊まることができるかもしれません。最もおっきいイオンモールはまったく魅力的です。皆様としてたどり着けると共々、多くの導入も醸し出すのでこういうストリートに集まることを目指しているのでしょう。それほど誘致できたなあ、と感じました。

ニュージーランドの新種ハチの名前がまさかの!?

ニュージーランドで発見された新種のハチに、「ハリー・ポッター」シリーズに登場する人物の名前が命名されました。ほとんどの人は「ハリー」「ロン」「ハーマイオニー」のどれかだと思うでしょう。しかし、命名されたのは「ルシウス・マルフォイ」だったのです。ハリーポッターシリーズの悪役として名高いルイウス・マルフォイの名前を命名されるぐらいですから、さぞかし凶暴なハチかと思いきや、さにあらず。新種ハチは人を刺すことも、集団で生息することもないという極めておとなしい種類なのです。発見者いわく、徐々に姿を消してしまう昆虫に対して注目を集める狙いがあるそうで、今回の命名でその役割はある程度果たせたように思います。ただ、ハリーポッターシリーズが完結してからある程度の時間が経過していますし、ルシウス・マルフォイの名前で注目を集められる期間はそこまで長くないでしょう。息の長い調査と研究が必要になることは間違いありません。